琉球八社・五芒星の光☆~その②(当日1)~

過去生の再会と祈り

 

 

 2019年10月22日(祝)

 

 

 この祝日、令和の新天皇が即位をするための儀式が行われました

 

 

 

 

 

 同じ日、沖縄・琉球のレイラインの調整と強化で、

 

 琉球八社の中の5つの神社を繋いで五芒星☆の力を降ろすために、

 

 15名ほどの方たちが、那覇に集まってくれました。

     

 

 

 

 

 詳しくは、この前の琉球八社、五芒星の光☆その①(はじまりのはじまり)を読んでね〜^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 集まったのは”15名ほど”。

 

 ん、何であいまいなの?!

 

 それは、ここに来てくれた中に家族も何名か含まれていたから。

 

 

 

 

 

 その中のお子さんの中に、既に龍の力をもつ子もいたりするんだよね^^

 

 魂の年齢では、今の大人を軽~く超えている頼もしい存在☆

 

 

 

 

 さて、今回の琉球八社・五芒星の光、沖縄から、内地(本土)から、世界から遠隔で力を送ってくれた人たちも、たくさん見えました。

 

 感謝感謝です☆

 

 

 

 

 

 よく知ってるセラピストさん、今回のことに関わってくれた方の家族、”たまたま”ブログを見てくれた人たち、

 

 海外(ハワイ、ニューヨーク、ヨーロッパなど)から遠隔してくれた人たち。

 

 

 現世を超えた昔からの仲間たち

 

 約束を果たすために、また集まった人たち。

 

 

 みんな、久しぶり~^^

 

 

 

 

内地(本土)から遠隔で参加してくれた方より^^

遠隔の時間にが出ていたと☆

 

 

 

 

 

 

ハワイのオアフ島

 

現地の方で

ハワイの伊勢と呼ばれる

ハワイ大神宮に行ってくださった方も☆

 

その日、お友達の巫女さんと遊んでいたり

祈ってくださったり

すごい繋がり^^

 

 

 

 

 

ニューヨークより

この日の空を送ってくれました☆

 

 

 

 

 

ヨーロッパより♡

 

 

 

 

 

 遠隔に参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました☆

 

 

 

 

 

   

琉球八社の1社目、沖宮へ

 朝10:30

 

 1つ目の琉球八社・沖宮

 

 

 

 本殿にごあいさつをして、それぞれの小さな神社に順番にごあいさつします。

 

 年末年始にお手伝いをしたことが何度かあって、どう回るかを知っててね~^^

 

 

 

 

 沖宮の一番頂上にある天燈山(てんとうざん)へ。

 

 

 

 

 ここで祭られているのは、

 

 天受久女龍王御神

(てんじゅくめりゅうおうおんかみ)、

 

 別名アマテラスオオミカミ

 

 

 

 他にも何名(何柱)か見えるけど、石碑だけの神さまもいてね^^

 

 

 

 

  上空には、たくさんの龍神さんたちがぐるぐるしてる。

 

 

 

 

 

 祈り

 

 

 

 音

 

 

 

 舞う

 

 

 

 

 天が動く

 

 

 

 

 

 

 

 光の柱が通った

 

 

 

 

  

 

 

 

 あーやさん:

「何かね~、1拍手か、3拍手で終わらせていくと良いみたいだよ~^^」

 

 

 

 ということで、1本締めならぬ、一つ一つを開放していくので1本開き~^^

 

 

 

 

 

 

 「よ~~~~~っ!」

 

 

 

 パンッ!

 

 

 

 そのたたいた手を、大きく上に広げ

 

 

 

 

 

 「一本開き~~~♪♪♪」

 

 

 

 

 

 

 「わ~、終わったね~~^^」

 

 

 

 

 

 そして、沖宮のある奥武山公園内には、他にもいくつかの大事な拝所(祈りの場)があって、そちらにもごあいさつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 1社目なのに、公園内をあっちこっちと移動して、途中でゆんたく(おしゃべり)したり、歌ったり踊ったりして、終わるまでにかかったのは約3時間(13:30)^^

 

 

 

 

 

 (今日中に、回る予定の5社全部行けるの~?!)

 

 

 

 ということもちょっぴりよぎる中、今回集まった人たちは、エネルギー的にフラット(軽い)な人たちばかりなので、

 

 「大丈夫よ~~~(笑)」「だからね~(笑)(※1)」の一言ですべては終わり、次の琉球八社・波上宮へ^^

 

 

 

 

 

(※1)「だからね~(だからよ~、だからさ~)」-

 

内地(本土)では、because(なぜなら~)の意味で、その後にその理由を言います^^

 

沖縄では、その一言を言った後は、話が終わったことを指してて、それ以上の追及はしないけど、相手がその理由を話すことも多いです^^

 

「そうなんだよね~」という意味に近いかも?!

 

「も~、何で遅刻したの?!」→「だからさ~(笑)。友達からメール来たわけ~^^」

 

たまに、のんびりした飲食店で注文した品物が届かないときに、店員のおばぁに問い合わせると「だからね~」と一言で終わるときも^^

 

 

 

 

 

 

沖宮の上には彩雲

 

 

 

 

 

 

琉球八社の2社目、波上宮へ

 13:30

 

 琉球八社の2社目、波上宮へ。

 

 

 

 

 ここは、沖縄で一番大事で有名な神社(琉球の一宮)と海外のガイドブックで紹介されているためか、

 

 多い時には100%近いお客さんが、アジア系のお客さんで埋まっていることも。

 

 

 

  

 

 「沖宮から波上宮までは、車で20分くらいだから、次の場所で集合ね~^^」

 

 

 

 で解散したはずが、

 

 沖宮にそのまま待っている車、コンビニでのんびりする車、直行する車と、それぞれの個性があり、

 

 波上宮に全員が集合するまでに30分以上の時差がありました。

 

 

 

 さすが、自由人の集まり^^

 

 

 

 

 

 

 本殿の前はちょっと邪魔になるので、お供え物などをもって本殿裏へ。

 

 

 

 

 

  

 ここでは踊りとかはなくて、まっすぐな祈り。

 

 

 

 その場、その場で、違う形。

 

 

 

 

 光の柱が通る。

 

 

 

 

 「一本開き~~~^^」

 

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯

 

 波上宮が終わり、時間は14:30過ぎ。

 

 お腹減ったよね~(笑)

 

 

 

 2社終わって、約4時間

 

 

 

 

 

 1社で約2時間。

 

 

 あと3社もある。

 

 

 

 

 

 今14:30過ぎでしょ?!

 

 もしかしたら終わるのは20:30?!

 

 

 

 

 

 、、、。

 

 神社の神さま、帰ってない?!

 

 

 

 

 

 あれ、でも、ご飯の時間も入っていない……。

 

 

 

 

 

「う~ん、時間ないから、ご飯は、、、コンビニで買って、車の中で!

 

 

 

 

 

「は~~~い^^」

 

 

 

 

 みんな、明るい^^

 

 

 

 

 

 

ついに中間地点☆

琉球八社の3社目、天久宮へ

 3社目の琉球八社・天久宮へ。

 

 

 

 しばらく駐車場で待機。

 

 みんな、車の中でご飯がバタバタで終わらず、その後も車の中で食べてたわけね^^

 

 

 

 

 何のためにか、何だかよく分からないけど、忙しくも、ワイワイと楽しい時間☆

 

 

 

 

 本殿でごあいさつ。

 

 

 

 おばぁの家のような、ほんわかと優しいエネルギーをもつ権現堂で、手を合わせる。

 

 

 

 

 地下の拝所へ。

 

 以前と比べると、本当に入りやすくなった場所。

 

 

 

 わらべ歌の竹美さん、あーやさんを中心に、楽し気なが始まる。

 

 

 

 

 ミーシャさんのお子さん(もうすぐ2歳)が、パーランクー(エイサーで使う小さな太鼓)をたたいて踊ったり、ティンシャを鳴らす。

 

 

 

 

 

 「ハーイーヤーーー^^」

 

 

 

 

 陽気で明るいエネルギーが必要な場所。

 

 

 

 

 

 うん!

 

 光の柱が通った。

 

 

 

 

 

 「一本開き~~~^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 16:00

 

 

 

 よし!

 残り2社で、五芒星☆の完成~^^

 

 

 

 あと少し☆