2020年2月22日  白龍ヒーリングのミーシャさんに  「その日に首里城で祈り、再会する仲間たちがいるよ☆」とメッセージが下りてきました。  「そっかー、それはやらんとね~」と話は進み、、、

私は小さいころ、とても内向的で表現の苦手な子どもでした。  それを打ち壊したのは、父の病気でした。  統合失調症の父は、20年以上入院しています。  父の病気を知り、自分の同じようになるのかもしれないと恐れ、  高校時代に一時大きく道を踏み外しました。

 数か月前、ミーシャさんが、ちいさいまつりの優花さんを通じて宇宙からのメッセージをもらいました^^  それは、ミーシャさんと龍児で、龍に関わる仲間を集め、  沖縄のレイラインの強化をすることでした。  レイラインを完成した先に変わったものとは?!

私たちは、五芒星のレイラインを完成させるため、  琉球八社・金武宮を終わらせた後、  レイライン上の最後の地点、沖縄最北端の開闢七御嶽(かいびゃくななうたき)の一つ、安須森御嶽(あすむいうたき)に行くことになりました☆

 10月22日の琉球八社・五芒星の光☆を行う少し前、同じく琉球八社である金武宮に行くことにしました。  それは、五芒星☆の光の柱を立てる前と後で、どのような変化があるのかを知りたかったから^^

首里城が燃える映像を見た時、私はショックと共に、もう一つのビジョンが見えたんです。  それは別の意味で衝撃でした。

 2019年10月、首里城が焼失しました。  それは衝撃的な出来事でした。  それから数日後、私は友人と首里城公園へと向かいました。  エンパシー(共感覚)の力をもつ私は、あの衝撃の後、首里城はどうなっているのか、知りたくて、感じたくて。

10月22日(祝)  さてさて、琉球八社・五芒星の光☆の3社まで完了しました^^  ①沖宮(10:30開始)→②波上宮(14:40完了)→③天久宮(16:00完了)  「お昼ご飯は楽しみだねー^^どうする~?!」  という話を、前日から、ず~~~っとしていましたが、当日は全くもって時間がなかった!

2019年10月22日(祝)  この祝日、令和の新天皇が即位をするための儀式が執り行われました。  同じ日、沖縄・琉球のレイラインの調整と強化で、琉球八社の中の5つの神社を繋いで五芒星☆の力を降ろすために、15名ほどの方たちが、那覇に集まってくれました☆

「始まりはいつも雨」 ならぬ、  「始まりはいつもミーシャさん」白龍ヒーリングのミーシャさんが言いました^^  ミーシャ:  ねーねー、龍児さん!  〇〇市(沖縄県南部)に知り合いの方がいて、その方がお家を見てほしいって言ってて、  お家とある洞窟と拝所(神社みたいなもの)がつながってるっぽいんです!!!  それで、今度一緒にどうかな~って☆」

さらに表示する