龍、龍神さん、レムリアのこと

 神さまつなぎの「那覇スピ巡り&龍にまつわるお話会」が終了し(ふぅ~♫)と心地良くのんびりする間もなく、ちいさいまつりの準備に取りかかる。  このイベントは、全国にたくさんいる優花さんファンにはとっても有名なお祭りだけど、沖縄にはまだまだ知られていない!  (こりゃ、もったいない!)...

 今回のイベントは、ちいさいまつりを開催するにあたっての沖縄と内地の「神さまつなぎ」の”はじまり”でした^^   優花さんと皆さんとその後ろにいるサポートの神さまたち、各神社や拝所(小さい神社みたいなもの)の神さまのごあいさつね。   え、そんな必要があるかって?!   ありますよ~♪   それはね、、、。   そして、琉球八社・沖宮、キッチン・リュウグウ、首里城を巡ります。

今回はですね、「ちいさいまつり~アースファミリー~」についてのお話です。  この「ちいさいまつり~アースファミリー~」は、社会起業家であり、スピリチュアルリーダー、フルトランスチャネラーの優花さんが主催者であり、そして宇宙が運営するイベントです。  ちいさいまつりが立ち上がるところからブログで見守っており、今ではとっても大きなイベントになりました。  出てくれるセラピストさんも全国の本当にすごい人たちで、お客さんも2000~3000人とか集まる大きなイベントです。  優花さんは「旦那様は霊媒師」のケプリさんやケプリ婦人、岡田哲也さんとも仲が良く、イベントにはさとみつろうさんや子宮委員長ハルちゃんなども参加されています。  今回はちいさいまつりの応援イベントとして、龍についてのお話会を一緒にさせていただくことになりました^^

ここは昔、縄文くらいの時代から、沖縄に下りたった人々が暮らしていた場所。    縄文と言えば、レムリアの癒しや調和のエネルギー。   その場所はエネルギースポットでもあり、少し前まではユタの修行の場としても使われ、人々は聖地・霊場として、むやみに入らない様になっていきました。    それから数十年、道は雑草が生い茂るようになり、聖地そのものも忘れ去られようとしている……。    そう思っていました。    しかし、どうやらここは、時を待ち、守られていた場所。     奈良裕之さんの笛や神人・尚子さんの言葉が時をつないでいきます^^

 最近、あるセラピストさんと話をしていて「(苦手だな~)って思う人の嫌なところを見つめることは大事だよ」って話になった。  (うん、確かにそう思う)と思っていた。  (ん?!でも、私が思っているより、もっと深い意味がありそうな?!)と思いつつ、その話はいつの間にか、別の話へと移っていった。  その翌日から、久々に青龍・白龍の講義が始まった。

私が初めて龍をもらったのは38歳くらいの時でした。 夢の中で、坊主で髭が長く、頭の長いおじいさんが出てきて青龍をもらったんです。 今思えば、青龍をくれたおじいさんは福禄寿でした^^ ちょうどその時、福禄寿のいる東京の浅草「今戸神社」にご挨拶に行ったり、浅草名所7福神にご挨拶に行ったりしてたので、ご縁ができたようです。  青龍の詳細はまたお話しますね^^  今回は、私に協力してくれている龍神さん達に龍使いになるにはどうしたら良いのかを相談してみましたので、ぜひお読みください^^ 

三重県の「椿大神社」でもらった白龍とのおしゃべりが始まって数日、(そうだっ!)と思い出したのが、沖縄で一番大事な神社、琉球八社・「波上宮」の龍神さん・宇宙龍の存在でした。 ※「琉球八社」-琉球王国より特別の扱いを受けた「波上宮・沖宮・識名宮・普天満宮・末吉宮・安里八幡宮・天久宮・金武宮」の8つの神社。中でも、波上宮はもっと大事な神社とされました。 そうだ、宇宙龍に相談すれば、何か教えてくれるかもしれない! そんな期待を胸に、波上宮へ行くことにしました。

沖縄のセラピスト仲間が「内地(日本の本土)にあんまり行ったことないんだー」の一言で始まった伊勢の旅。 その最終目的地の椿大神社の庚龍神社(かのえりゅうじんじゃ)でもらったっぽい(?!)白龍さんのその後の模様をお伝えします^^  ※ちなみに今回は気付かなかったですが、椿大神社には神社の見取り図にも載っていない椿雲龍神社があります。行かれる方は、ぜひ探してみてくださいね☆

旅の始まりは、沖縄のセラピスト仲間が「内地(日本の本土)にあんまり行ったことないんだー」の一言でした。 セラピストさんはチャネラーでもあり「内地行くなら、まずは天照大御神(あまてらすおおみかみ)にご挨拶でしょ♫」と、伊勢参りに決定です。 伊勢参りを一つ一つじっくりと書いても良いんですが、一番の印象は最後のご挨拶で行くことになった全国でも有名な三重県の縁結びの神様「椿大神社」。 ここで小さな白龍をもらうことになり、そして、ここにたどり着くために3日間色々な神社やお寺にご挨拶し、ご縁をいただいたのだと後で気がついたんです☆